なぜプロペシアのジェネリックが良いのか考える男性

薄毛治療に大切なものは非常に多くあります。生活習慣、食生活、頭皮の清潔度などです。薬で治療することも効果的ですが、その薬で有名なプロペシアにジェネリックがあるのはご存知でしたか?何故プロペシアのジェネリックが良いのか、紹介していきます。

順調に頭髪の成長をもたらすプロペシアのデメリット

男性の頭髪を薄毛に陥らせる原因の一つにAGAという病気が挙げられます。これは男性ホルモンと頭皮の酵素が反応してDHTという物質を作りだし、これを毛乳頭が感知することによって栄養分の補給をストップさせる過剰反応が起こり、こうやって栄養不足に陥った毛母細胞が細胞分裂を鈍化させることで頭髪の成長サイクルが乱れていくのです。

このAGAを治療する上では医療機関で処方されるプロペシアという錠剤が知られていますが、これは頭皮の特殊な酵素の働きを抑制することでDHTの分泌量を減少させ、頭髪の成長サイクルを正常化させる効果を持っています。プロペシアを服用したからといってすぐに発毛効果を得ることができるわけではありませんが、早い人でも数週間から数ヶ月、遅い人は半年から1年ほどかけて少しずつ頭髪の毛質が順調に変化していくのを感じることができるでしょう。

このようにAGA治療においてはなくてはならない特効薬でありながら、しかし一方で副作用の発症などのデメリットにも気をつけなければなりません。まずもってプロペシアには即効性は無く、効果が出るのに一定期間がかかるというのも一つのデメリットと言えるかもしれません。さらに使い始めた当初には初期脱毛と呼ばれる症状が起こる可能性もあります。これは薬の効き目によって頭髪のコンディションが変化することで、これまでの古い頭髪が抜け落ちて新たに生えかわろうとする動きなので、しばらくするとおさまることでしょう。

さらに副作用のデメリットとしては、男性ホルモンへの影響によって性欲減退、勃起不全などが起こる可能性があります。また精神的に鬱症状にも似た状態に陥ることもあります。そして肝機能障害などのリスクも指摘されています。もしもこれらに該当する症状が出た時にはすぐに医師に相談することが求められます。