なぜプロペシアのジェネリックが良いのか考える男性

薄毛治療に大切なものは非常に多くあります。生活習慣、食生活、頭皮の清潔度などです。薬で治療することも効果的ですが、その薬で有名なプロペシアにジェネリックがあるのはご存知でしたか?何故プロペシアのジェネリックが良いのか、紹介していきます。

プロペシア以外にもノコギリヤシや納豆で薄毛改善

薄毛を引き起こす原因には様々なものがありますが、中でも皮脂による毛穴詰まり、ストレスや睡眠不足や食生活の乱れなどの生活習慣、そしてAGAは特に要注意とされるもの。自分が頭髪の薄毛に見舞われた際にはまず、これらのどれかに当てはまるのではないかと疑いを持った上で適切な対処を行なっていくことが求められます。

これらの抜け毛や薄毛が巻き起こるメカニズムについて考える時、男性ホルモンの影響が考えられます。とりわけAGAはこの男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応してDHTという物質を作り出すことによって、これが頭髪の成長サイクルを大きく乱すことに繋がっていきます。

病院などで行われるAGA治療では主にプロペシアという錠剤などが用いられますが、これはまさに5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果を持っており、こうすることで男性ホルモンと相まってDHTを作り出すのを抑え、頭髪の成長サイクルを正常化へ導くことができます。

ただしこのプロペシアには医薬品ならではの副作用のリスクがつきまといます。初期脱毛や性欲減退、勃起不全、鬱、肝機能障害などが代表的ですが、これらの症状が感じられた際には医師との相談を通じて適切に対処することが求められます。一方、プロペシアのような医薬品を使わなくても5αリダクターゼを抑制することも可能です。例えばノコギリヤシの成分を用いると同様の効果が得られますし、これは市販の育毛剤や発毛剤などにも取り入れられている場合も多いもの。さらに食生活の面でも納豆にはそこに含まれるイソフラボンが男性ホルモンに影響を及ぼしたり、または男性ホルモンと5αリダクターゼが反応してDHTを作り出すのを抑制する効果があるのがわかっています。もしもプロペシアの服用が困難な場合にはこれらを有効活用することでAGAなどの薄毛を改善したいものです。