なぜプロペシアのジェネリックが良いのか考える男性

薄毛治療に大切なものは非常に多くあります。生活習慣、食生活、頭皮の清潔度などです。薬で治療することも効果的ですが、その薬で有名なプロペシアにジェネリックがあるのはご存知でしたか?何故プロペシアのジェネリックが良いのか、紹介していきます。

プロペシアを容器に入れて保管することと研究について

脱毛症に悩む男性は、日本にも数多く存在します。
脱毛症には、いくつか種類がありますが、最も患者数が多いのが、男性型脱毛症の患者です。
男性型脱毛症は、頭頂部や髪の生え際が徐々に薄くなっていき、全体のボリュームがなくなっていきます。
進行性の脱毛症なので、男性型脱毛症の疑いがある場合は、早めにクリニックで診察を受けた方が改善も早まる可能性が高くなります。
男性型脱毛症は、世界中に患者がいることもあり、大手製薬会社が長年研究を続けています。
そして、研究の結果、優れた治療薬が次々と開発されているのです。
男性型脱毛症の治療薬で良く知られているのが、プロペシアです。
プロペシアは、2005年の12月から、日本国内でも販売がスタートしています。
男性型脱毛症で悩む男性の頭皮には、多くのDHTが確認されているのです。
DHTは、男性型脱毛症の原因物質だと言われているものです。
DHTは、毛乳頭細胞にある男性ホルモンの受容体と結合すると、成長期の髪の毛が退行期や休止期に移行してしまうのです。
その結果、髪の毛が成長する前に抜けてしまい、脱毛の症状が進んでしま分けです。
プロペシアは、DHTの生成を抑えることができる治療薬なのです。
DHTの生成を抑えると、成長期が長くなります。
成長期が長くなることで、男性型脱毛症の症状も改善していくのです。
国内で臨床試験を行った結果、1年では約半分、3年間だと約80%の人に改善効果が認められているのです。
プロペシアは、容器に入れて蓋をして、湿気のないところで保管します。
コーティングされているので、割れたりしなければ有効成分に触れることはないです。
プロペシアの服用は男性に限定されており、女性は服用できません。