なぜプロペシアのジェネリックが良いのか考える男性

薄毛治療に大切なものは非常に多くあります。生活習慣、食生活、頭皮の清潔度などです。薬で治療することも効果的ですが、その薬で有名なプロペシアにジェネリックがあるのはご存知でしたか?何故プロペシアのジェネリックが良いのか、紹介していきます。

プロペシアのジェネリックは安全かどうか

プロペシアの主成分フィナステリドがエフペシアフィンペシアなどのジェネリック薬品と本当に同一であれば、用法を守っていれば安全に使用できます。
しかしジェネリックと言われていても本当にジェネリック薬品である薬はごく一部であり、ほとんどは特許を無視して作られている薬ですが、成分が同じであれば効果も同じなので、プロペシアにはない副作用が起きる可能性は少ないです。
ただし、コーティング剤などで多少の成分の違いがあるので、薬でアレルギー反応が出た経験がある人は成分を確認しておくと良いでしょう。
プロペシアやそのジェネリック薬であれば病院の処方がなければ購入できないため、製品の品質が保証されています。
しかし、無許可で製造されている薬については個人輸入などで購入することになり、薬の安全性について保証されていないことに注意しなければなりません。
外見は同じでも成分の異なる薬が発送されてくることもあるので、輸入業者は慎重に選びましょう。
なお、プロペシアの有効成分であるフィナステリドには危険性もあるので、ジェネリック薬などについてもこの点には同じように注意します。
1日1mgの摂取量を守っていれば副作用はプラセボであると考えられていますが、量が増えれば副作用が発生する危険性は高くなります。
プロペシアは男性型脱毛症のAGAに有効な薬であり、女性には効果がないとされているので、女性に処方されることはありません。
また、微量でも胎児や赤ん坊が摂取すると生殖器の発達に悪影響が出るとされています。皮膚から成分が吸収されてしまうので妊婦が触れることは禁忌とされています。
そのため、プロペシアを処方されない女性が薄毛治療のために個人輸入で同一成分の薬を購入して利用するのは、リスクしかないのでやめましょう。

プロペシアジェネリックのAGA改善割合は?

プロペシアは、飲む育毛剤などと呼ばれている内服薬で、アメリカで開発された抗男性ホルモン剤です。
ヨーロッパで前立腺肥大の治療薬として使用されているノコギリパルメットをモデルとしており、II型5α還元酵素の活性を阻害するという作用を発揮します。
これにより、DHTの生産量が抑制されるので、この物質が発症原因を担っている前立腺肥大やAGA(男性型脱毛症)が改善されることになります。
なお、日本では一年間の臨床試験を実施した後に、2,005年に厚生労働省からAGA治療薬としてのみ認可されています。
ちなみに、臨床試験の結果は、1日1mgの投与により、58%に軽度改善以上、98%に不変以上の効果が確認されています。
このように、それまでの育毛剤とは異なり明確な効果を期待できるということで、2,010年に日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインでは、内服療法の第一選択薬として強く推奨できると評価されています。
このプロペシアの国内での特許は、10年が経過した2,015年に切れてしまったので、ジェネリック医薬品が続々と登場しています。
その内で最も早く販売されたファイザーでは、クロスオーバー法による生物学的同等性試験を実施しており、体内に入る有効成分の速さと分量がプロペシアと同レベルであったことを確認しています。
このために、添加物やコーティングには違いがありますが、それらにより主成分の作用は影響されないということで、AGAに対してはプロペシアと同レベルの効果が期待できるということになります。
つまり、1年間での改善割合は少なくとも50%以上ということで、進行しない状態を含めると90%以上の効果を期待できます。

プロペシアジェネリックをより安く買うには

薄毛の人の多くはAGAによる薄毛であることが多いです。
特に頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなってきている人は、AGAによる薄毛である可能性が高いです。
最近では遺伝子検査などで、自分がAGAであるかどうかを検査することができるので、医療機関などで一度検査してみるとよいかもしれません。
これまで、こういったAGAの症状は改善させることができませんでしたが、プロペシアと呼ばれる薬を服用することによって、薄毛の進行を予防したり、しっかりとした髪の毛を再び発毛させることができるようになりました。
しかし、プロペシアは服用すればすぐに効果が出るというわけではなく、数か月服用してから効果が現れるという特徴があります。
また、服用を中断すると、再びAGAが進行していく恐れがあります。
ですから、プロペシアは長期的に服用していくということが大事になってきます。
そこで、問題になってくることとしては、毎月薬代がかかってしまうということです。
もし、病院に通院して処方してもらうとしても、AGAの治療には保険が適用されませんから、通常よりも薬代がかかってしまいます。
しかし、プロペシアのジェネリック医薬品を服用することによって、AGAの治療にかかる費用を軽減させることができるようになります。
プロペシアジェネリックにはエフペシアやフィンペシアなどがあります。
ジェネリックの場合は、通常のプロペシアと成分はほとんど同等でありながら、費用は半額くらいの値段で購入することができます。
プロペシアのジェネリック医薬品を購入する場合は、ドラッグストアなどでは市販されていませんから、病院で処方してもらうか、インターネットで海外から取り寄せる方法で購入することができます。
エフペシアやフィンペシアを通販で購入すれば費用を抑えられますので、長期的にAGA治療することができるのでおすすめです。
ただし、インターネットの場合は、偽物などもありますから、信頼できる仲介業者から購入することが大事になってきます。